--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカ旅行記 3 Gold Leaf City  と  アパルトヘイトミュージアム

2009年12月18日 11:09

さて、南アフリカ旅行記第3弾。

この日は、ホステルから車で1時間くらいの所にあるテーマパークの
Gold Leaf Cityと隣接するアパルトヘイトミュージアムへ。

先ずはGold Leaf City。
ここは昔、金の採掘が行われていた場所を保存した場所で、現在はテーマパーク
として一般に開放されている。
地球の歩き方には、"一日では回りきれないほど充実している"とか書いてあったけど、正直微妙。
ジェットコースターや絶叫マシン系のものが多く、「こんなの日本で乗れるじゃん」なモノばっかり。

そんなGold Leaf Cityですが、大きな見所が一つ。
それは昔、金の採掘をしていた現場(地下220m)に行けるということ。
個人で勝手に行くことは出来ないので、ガイド付きツアーに参加。
CIMG1903.jpg
まずは、入り口付近にあるこの看板前に集合。
この後、南アフリカの金に関するビデオを見た後にいよいよ採掘現場へ。

採掘現場へ向かう途中にはこんなものも展示されていた
CIMG1913.jpg
採掘に使われていた(?)と思われる機械。
説明が全て英語なのであまり理解出来てないです・・orz

採掘現場へは当時から使っていたというエレベーターで降りる
CIMG1917.jpg
見ての通りのオンボロに加えて満員の観光客でカオス。
これ、本当に大丈夫なんだろうか・・・。

そして、何事も無く地下220mに到着
CIMG1918.jpg
寒い。
地上は真夏だというのに、地下はさすが冷えている。
上着は絶対に持って行きませう。

そこからはガイドにくっついていって、所々で説明を聞く。
CIMG1921.jpg
これは、ダイナマイトを入れていた箱。
当時は電気技術がどうで、箱の中を照らす明かりがこうとか言ってたけど英語なので
理解していません。
中に入っているのは偽物とのこと。

CIMG1929.jpg
こんな道を歩いていく。

ガイドが、「耳ふさいで~」とか言うから何かと思っていたら
CIMG1934.jpg




ガガガガガガガガガガガガガガガガ





この狭い空間に大爆音が響く。
当時使っていた機械で採掘行程の一部(岩を削る作業?)を見せてくれたんだけど、その
音量のデカイこと。
こんなのがそこらじゅうで使われていたのか・・。


これらの他にも応急処置室や、岩を運ぶトロッコなどもあったけど省略。


採掘現場を堪能し、地上へ戻る。
次は、金の精錬を見に行こう。

ここは本物の金の精錬を見れるところで、採掘現場見学ツアーに含まれている。

CIMG1948.jpg←邪魔
窯が開くと、真っ赤に熱せられた金の塊が2つ。
開けた瞬間は、客席まで熱気がきた。
その内の一つを取り出して、キンコンカンコンやっていく。
一部始終を動画に収めたけど、ここで晒したらまずいっすよね・・。

CIMG1951.jpg
最後に出るときに精錬したのとは別の金があって、触らせてもらえた。
これも本物だってさ!

精錬を見たあとはレストランで昼食(観光地にしては良心的値段だった)をとり、
隣接するアパルトヘイトミュージアムへ。

CIMG1969.jpg


ミュージアムはマンデラ特別展の最中で
CIMG1957.jpg
入場待ちの列の脇には、マンデラの顔写真垂れ幕が掛かってた。


そして、入り口
CIMG1960.jpg
当時を感じるように

WHITES 白人

と、

NON-WHITES 有色

で別れていた。


展示内容は、↑がまとめてくれています・・。


この日は博物館で観光を終了して、ホステルへ。

夕食は、ホステルに泊まってる旅行者5人と一緒にタクシーでアジア料理食べにいった。
旅行の話、それぞれの国の話、サッカーの話、プライベ(ry な etc...色々話ながら
食事して楽しかった!

ちなみに、一緒に行ったのは

イギリス人、オーストラリア人、中国系アメリカ人、イタリア人

でした!

オーストラリアの人、ワールドカップのグループ知らなかったらしく、教えてあげたら
落ち込んでたよw

ホテルに泊まってたらこんな楽しいことないぜ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://aleyoko.blog13.fc2.com/tb.php/48-796a15bc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。